宮崎県宮崎市大字島之内字永池9217番地6
☎(代表)0985-86-6667/FAX 0985-86-7778

PAGE
TOP

ベジ・ファーストを始めよう!
「アクサ生命の健康経営ワンポイントアドバイス」より

-ひと口目は野菜から-
ベジ・ファースト(ベジタブル・ファースト)とは、炭水化物よりも先に野菜を食べることをいいます。野菜やきのこ、海藻類に多く含まれる食物繊維を先に取ることで、急激な血糖の上昇を抑え、肥満や糖尿病予防の効果が期待できます。

ベジ・ファーストの方法は、とても簡単!

○食べる順番を変えるだけ
第一ビル管理株式会社 健康経営ワンポイントアドバイス
その1.野菜のおかず・汁物から

食物繊維を多く含む野菜やきのこ、海藻など。最初の量は、握りこぶし2つ分程度を目安に。





第一ビル管理株式会社 健康経営ワンポイントアドバイス
その2.次にタンパク質のおかず

タンパク質や脂質を多く含む肉や魚、卵、大豆などを握りこぶし1つ分程度。





第一ビル管理株式会社 健康経営ワンポイントアドバイス
その3.最後にごはん

血糖値を上げるごはんやパンなどを最後に。炭水化物を抜くことはNGです。また食べ過ぎも血糖値を上昇させるため要注意!




○ベジ・ファーストの効果とは
第一ビル管理株式会社 健康経営ワンポイントアドバイス
■脂肪がつきにくくなる
急激に血糖値が上がると、大量のインスリンが分泌されます。インスリンはエネルギーとして使われなかった余分な糖を脂肪に変換して蓄える働きがあるため、体脂肪が増える原因に。しかし、ベジ・ファーストを継続することで、野菜などに含まれる食物繊維が糖の吸収を遅らせて、血糖値の急上昇を抑えてくれます食べる順番を変えるだけで太りにくいカラダ作りができるのです!
第一ビル管理株式会社 健康経営ワンポイントアドバイス
■バランスがとれた食事に
ベジ・ファーストを続けていくと、自然と小鉢やサラダを選ぶ習慣が身に付きます。『主食』『主菜』『副菜』がそろうバランスの良い食事が完成。
■カロリー摂取量がDOWN
カロリーが低い野菜や汁物を先に食べること、またゆっくり噛んで食べることで満腹感が得られやすくなります。主菜・主食の量が減り、普段の食事より総カロリー量を抑えることができます

このページについて

「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

この健康に関するワンポイントアドバイスは、アクサ生命より提供されている「アクサ生命の健康経営ワンポイントアドバイス」を引用して作成しています。

監修:株式会社グリーンハウス栄養健康事業部管理栄養士グループ
   社員食堂・学校・病院などのさまざまなシーンで、食を通じて健康づくりを応援。